読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

冬の動物園

Привет!

学校からの帰り道、前からジャガイモが大量に転がってきました。 慌てていくつか拾って(危うく足で止めそうになりました)、持ち主を探していると前からお兄さんが走ってジャガイモを迎えにきました。私の周りの人々も拾っていたので一人一人にお礼と謝罪を言いながら受け取って行く姿を見て、なぜか「春やなあ」と感じてしまいました。こんなドラマみたいなことが本当にあるんですね。

夏に一度行ったことがあった動物園にも友人と行きました。 この記事で書いた動物園。この時(9月)も結構檻に動物はいませんでしたが、 いやいやいや、ここはなんや。檻の展示会か。びっくりするくらい動物がいません。ネタとしては面白かったのですが、動物園が好きな友人はずっと突っ込んでいました。前回書いた記事の最後で「次は動物特集ができますように」と言いましたが、夢のまた夢です。

時々こうやって「冬の間は外に出していませんよー」という表示が貼ってありますが、じゃあ貼ってないところはどうしたんや。

ちなみにこの動物園内では二箇所でシロクマが飼育されています。夏にはやる気のなかったシロクマも、今(冬のモスクワ)では本領発揮しているだろうと行くと、一つ目ではまさかのシロクマプールが改装中。動物園としてのやる気は…?

もう一つのプールではシロクマたちが仲良く遊んでいました。やっと見れたね、とガラス越しに眺めていると、私たちの横にいた動物園スタッフのコートを着たおばさんが、おもむろに手に持っていたバケツの中の人参をガラスの向こうへ投げ入れ始めました。餌のやり方、ほんまにそれ??あってる?よく見ていると、ケフィール(ヨーグルトより酸っぱい乳製品)も牛乳パックのまま投げ入れられていました。シロクマたちは牛乳パックに噛み付いて穴を開け、ちょっとずつ出しながら飲んでいます。賢い。

めちゃくちゃ寒そうなニホンザル(温泉を作ってあげて…)などを横目に見ながら、ふれあいコーナーの方へ進みます。前回時間がなく行かなかったので、ワクワクしながら歩いて行くと どーん。…私の思っているふれあいコーナーと違うんですが、寒いからですか。動物がかわいそうだから?もうちょっとオープンなスペースのイメージでした。でもドアに「中へどうぞ」と書いてあるので勇気を振り絞ってドアを開けます。お客さんいるかな…。

ドアを開けて目に入った光景は もしかして馬小屋ですか。奥に係のお姉さん2人が談笑していました。私たちが入っても何もしないので、勝手に触ってもいいのだろうと、ふれあいを始めました。私は動物の毛はアレルギーがあるので触れず、動物と友人の写真を撮ることに徹しました。うさぎ、モルモット、猫が自由に歩いていました。猫はふわふわだったそうです。

見るからにふわふわです。また、日本のふれあいコーナーとは違って、手を洗う場所がないのでウェットティッシュなどを持って行く事を強くお勧めします。

平日の昼間だというのに、男性二人組が多く園内を歩いていて、いろんな疑問が頭をよぎりつつ、園を後にしました。今年の夏にもう一回行ってみようかな。何も変わっていないかもしれませんが。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村