読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

Hinode Power JAPAN(来場者編)

Привет!

今日は雨模様で気温も10度以下なのですが、土曜日は23度まで上がるそうです。でも道の脇に緑が増えて春が来たようで嬉しいこの頃です。と言っている間に今週末から五月なんですけどね。

さあ、かなり続けてしまったヒノデの最終回です。今日は来ていた人編。コスプレの人が多いという話はずっとしていましたが、実際にはこんな感じでした。 真ん中のお兄ちゃんは普通のお兄さんです。ちなみのこのピーチ姫とゼルダ(?違うかもしれません)が、昨日書いたコスプレの大会で優勝していました。名古屋に行くそうです。ちょうどこの二人の寸劇をおにぎりの列に並びながら見ていたのですが、コメディータッチでかなり受けていたので納得でした。

そういえば、列に並んでいた時「ちょっとすみません、通してください」と横から声がしました。そちらの方を向くとカオナシが立っていたので思わず叫びそうになります。そうです、千と千尋のカオナシです。慌てて道を開けたのはいうまでもありません。その後何度も会場内で出くわしました。

会場の端には こんな風に簡易のスタジオも設置してあり、いろんな衣装の人がプロに撮影してもらっていました。アニメやゲームのキャラクターだけでなく、映画「不思議の国のアリス」のマッドハッター(完成度が高かったです)もいたりと、途中から世界観がよくわからなくなって来ました。

また、やはりここに来ているロシア人は日本語を勉強中の人もいて、列に並んでいたり、パフォーマンスを見ていたりするとかなりの確率で話しかけられました。面白かったのは女性は私に、男性は旦那に話しかけるのです。やっぱり同性の方が話しかけやすいのかしら。初めは日本語で「日本人ですか」や「お名前はなんですか」と聞いてくれるのですが、二言目は日本語が分からなくなるようでグーグル翻訳の結果を見せてくれ、しまいにはロシア語で話をしていました。それでも別れ際には思わず「日本語上手でしたよ」と私たちも言ってしまっていたので、この記事で紹介した私のロシア語を気軽に褒めてくれる人の気持ちが少しわかった気がします。

他にも、会場内には着ぐるみもたくさんいました。任天堂エリアのマリオは理解できるのですが、会場中を練り歩いていたのはこちら。 このゆるキャラを初めて見たのですが、お心当たりがある方はご一報ください。手前のくま(?)は襷に「今夜は飲みます」と書いてあり「勝手にしてくれ」と思っていましたが(それでもちゃっかり写真はとりました)、問題は後ろのうさぎです。襷には「愛が欲しい」と書いてあり、それを体現するかのごとく出会う人一人一人にハグを求めていました。誰とハグをしたか覚えているようで、2回目に出会った時はハグを求めて追いかけては来ませんでした。

こんな感じで、四日もかけてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?海外でこんなにも自分の国に興味を持ってもらえていると実感できて嬉しかったです。来年も行こうかなあ。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村