モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

モルドバワイン

Привет!

昨日一人でメトロに乗っていたら、横から普通に日本語が聞こえてきてびっくりしました。初めてメトロで日本人の方と遭遇しました!普段ならメトロ内の会話は全部わからないので、リスニングの練習のために聞くともなしに聞いているのですが、耳に入った瞬間に理解できる言語が聞こえてくるとすごく後ろめたい気分になります。結構メトロ内で数少ないロシア人の知り合いに偶然会ったりするので、モスクワって狭いですよ!

お友達ご家族にモルドバ料理のレストランに連れて行っていただきました!待ち合わせまで時間があったので、ルビャンカ駅にあるジェツキーミール(この記事に出てきたものです)に旦那と行ってみました。 この大きなクリスマスツリーの向こう側でショーをしていて、人だかりがすごかったです。吹き抜けの一階でしていたので、2、3、4階からも身を乗り出して見ていました。何が起こっているのか全くわかりませんでしたが、楽しそうでした。結構な頻度でしているようです。

外壁も綺麗なイルミネーションだったり、ショーウィンドウはロシアっぽかったり 「子供の世界」という店名とは言えども、大人も十分楽しめます。モスクワの夜は長い分綺麗ですね。

いざ、モルドバレストランへ! ですが、はじめに謝りたいことがあります。今回の記事、驚くほどちゃんとレポートできていません。ごめんなさい。 それでもいいから、雰囲気だけでも味わえればいいよという優しい方はこのまま読み進んでもらえると喜びます。 レストランはモルドバ大使館の中にあります。私たちを連れて行ってくださったご家族はモルドバに行ったことがあるそうで、お話を聞いているうちに本当に行きたくなりました。なので、来年中に行きます(確信)。 入るとコートを預かってもらいながら食前酒を勧められます。 飲んでびっくりしました。グラスは小さいながらも結構なアルコール度数あるよね!?(一応成人しています)

まず、モルドバの葡萄とおすすめワインをいただきました。葡萄がもう!小ぶりながらもみずみずしくて肉厚で!久しぶりに食べました。この美味しい葡萄ならワインにも期待が高まります。 ワインがきました。…今写真を見返していたら飲むのに必死で、一枚もワインの写真がありませんでした。でも赤も白もスパークリングもどれも飲みやすくて、素材の良さが際立っているのに、そんなにお値段が張らないという本当に美味しいワインでした。ああワインの勉強がしたい。語れたらかっこいいのに。 一緒に頂いたのは豆のペーストを黒パンに塗っていただくお料理です。名前はわかりませんが、ロシア語で「豆」という単語から始まっていました。 メインにウサギ肉と鴨肉をいただきながら、おしゃべりに花を咲かせました。

いつもリスクを考えてしまうので限界のすごく手前までしかアルコールは飲まないのですが、楽しい空間と美味しいお料理に飲みやすいワインが来て、少し飲み過ぎてしまいました(二日酔いにはなっていませんが)。先ほどワインを勉強したいと書きましたが、色々うんちくを語るのではなくて、こんな風に素敵な空間を楽しめるように飲むくらいが私にはちょうどいいのかもしれません。

とっても楽しかったです!また訪れて、お料理名などもきちんと抑えたいと思います。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村