モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

ホームセンター

Привет!

今日はめちゃくちゃ晴れています! 見てください、この青空…これで-13度なんですよ…。 相変わらずの最低気温を超えた現在の気温は置いておいて、1時間ごとの気温に「マイナス」が付いていないのは納得がいきません。一瞬喜んでしまいました。

昨日は「いい肉の日」でしたね!この日を狙って好きなグループのメンバーが結婚したのが朝から衝撃的なニュースでした。おめでとうございます!ちなみにロシア語では男性と女性で「結婚する」という単語が全く違います。感覚としては「妻をとる」「夫のところへ行く」という感じでしょうか。昨日はたまたまいつもの先生ではなく、日本に興味を持ている先生だったので「日本ではいい肉の日なんだよー」という話題を出したらとても喜んで、そのまま違う教室で勉強していた日本人の友達のところへ「今日いい肉の日なんだって?」と得たばかりの情報を自慢しに行っていました。※授業中

この間届いた荷物は、私に必要だった書類と書籍、そして母の手作りの物が大半を占めていました(そのうちの一つがここで紹介した日本地図です。あ、オリジナルではなくこのような刺繍キットがあるそうです)。もうすぐクリスマスなので、ツリーのタペストリーもありました。どうしてもリビングに飾りたい!でも日本から持ってきた吸盤付きのフックは壁にくっつきませんし、大家さんから「穴を開けるときは相談してね」と言われています。何かないか、小さなホームセンターのようなところへ行ってみました。 ロシア人はなんでもとりあえず自分で直します。この間は学校の電子レンジが壊れたらしく、ロビーで3人くらい先生が集まって分解していました。いいけど授業時間始まってるよ。そんなロシア人にとって欠かせない工具から、キッチン用品、化粧品、お菓子まで様々なものを扱っているのがこのお店です。かなりの日本推しらしく、日本製品コーナーが必ずありますし(トイレ掃除に使える霧吹きタイプの「まめピカ」もおいてあります)、害虫駆除コーナーでも日本語の製品がよくおいてあります。ネズミ、というカタカナを見た時には驚きが隠せませんでした。

ここで風呂場に付けられるフックを発見しました。そばにいた店員さんに「これお風呂にしか使えないですか?リビングにこんな形のを付けたいのですが、そういうのおいてますか?」と話しかけました。最近自分の家の説明という単元を習ったばかりの私に怖いものはありません。話しかけられた店員さんは周りに声をかけて4人くらいで探してくれましたが「ない」とのこと。諦めて日本製品コーナーで日本語を眺めていたら、さっきの店員さんがこちらへ来るではありませんか。「壁に穴は開けられないのよね?キッチン用なんだけど、裏にシールが付いているタイプで…これならどう?」バッチリです。これを探していました。というかキッチン用とかリビング用とか細かく分ける必要ありますか。お礼を言って買って帰りました。

シールの粘着力がどれくらいかわからなかったので、一度実験してから貼ってみました!ただーん

色々と周りに飾って、クリスマスらしくしたいと思います!楽しみ!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村