読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

つらら

ロシア語 日常

Привет!

前使っていたふざけた表紙の教科書(こちらを参照)がついに終わりを迎え、新しい教科書になりました。絵が全くなくなって文章が長くなり、退屈だと先生からも生徒からも不評です。文法も基本的なものは一通り終わった今、クラスの中で神格化されている表があります。 左が名詞、右は形容詞の語尾変化をわかりやすく色分けしてまとめたものです。ちなみに縦軸は格の種類、横軸は単語の性になります。どこの天才がこの表を作ったのかわかりませんが、本当にありがとうございます。多分ロシア人ではないしょうね。これがさらっと使えるネイティヴすごい。

例えば「私たちが前に話していた美しい部屋に住んでいます」という文を作るときは「よし、『部屋』は女性名詞だから『美しい』も女性になるでしょ、『住む』の後ろには前置格が来るから『部屋』も『美しい』も前置格にしなきゃダメで、その後に続く関係代名詞も女性形にして、『話していた』の後に来るのは対格だから、さっき女性形にした関係代名詞を対格にして…、はい一文できた」と考えています(だからかなり時間がかかる)。授業中に当てられて発言する時もこんな感じで話していると、クラスメイトから「今みっきーがどんな風にこの表を脳内で辿ったか、手に取るようにわかった」と言われてしまいました。もっと考えずに話せるようになりたいです。今のところ、暗号で話している気分です。スパイになったみたいで楽しいですが。

この間、日本に絵葉書を送って(50円ほどで送れるので欲しい人は連絡ください)、郵便局から出ると歩道が封鎖されていて、人っ子ひとりいませんでした。これはちょっと危険だから郵便局に戻るか、早くここから出た方がいいみたいだ、と悟りました。なぜなら、 前にこんな作業現場を見かけたからです。その時も周りの歩道は封鎖されていました。これは屋根の雪を下ろしたり、 こんなつららを折って落としたりしているのです。このまま残しておいてつららが自分の重さに耐えきれず落ちてしまうと、確実に下にいる人は脳天をつららに貫かれることになります。

この前見かけた電灯など、 見た瞬間「これは刺さったら死ぬな」と直感でわかりました。 なので、歩道を閉鎖されていれば速やかにその場から離れてください。私のようにお店から出た瞬間に出くわしてしまったら、お店に戻るか、その場にいる交通整備の人の指示に従ってください。

ちなみに今週末は+2度だそうです!暑いなーと言っていたところに、日本の友人から「日本は日曜に20度まで上がるらしい」という知らせが舞い込んで来て驚愕しました。気温の変化がこれでもかというくらい激しいですが、体調に気をつけてくださいね。

Пока! ポチッと押していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村