モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

おうちごはん⑦(パーティー編)

Привет!

友人や家族からの暖かい言葉で携帯電話ショックから早くも立ち直りました!ありがとうございます。でもこれからは気を引き締めて参りたいと思います。

昨日は我が家に9人(私たち含め)が集い、楽しい夜になりました。実は家にお客様が来てくださるのは初めてで、そもそもリビングで9人全員がちゃんと座れるのか…?という致命的な問題が発生したりしつつも、なんとかなって良かったです。窮屈な思いをされた方、ごめんなさい。

お迎えする二人とも浮き足立って、朝から超大型スーパーАшан買い出しに行ったり(かなり買ったと思いましたが安くすみました)、気合いを入れて3時間前から料理を仕込んだり、準備も楽しかったです。

皆さんに飲み物とおつまみ、お菓子は持って来てもらえたので、今日は作ったものを紹介します(みんなで話していたら楽しくていくつか写真を撮り忘れました…)

まずはミニピザ。 おなじみペリメニの皮(餃子の皮の代わり)にケチャップを塗って、水にさらした薄切り玉ねぎを乗せ、ピザ用チーズをまぶし、オーブンで焼くだけ。皮の色が変わったら出来上がりです。

そして、オリヴィエサラダ。 端的に言えばポテトサラダです。 人参とジャガイモをさいの目に切って茹で、玉ねぎ、グリーンピースと茹でた胸肉(ハムでも可)、ゆで卵のみじん切りにしたものと一緒に砂糖、酢、塩、胡椒、マヨネーズで和えたら完成です。 書くと簡単ですが、なかなか時間がかかりました(茹でるので)。昔モンゴルに留学していた方から、あちらでは都会サラダというのだと教えてもらいました。モンゴルとはお隣さんなので、モンゴルから見たロシアは都会だったのでしょうか。

そして、おなじみボルシチとシェファーズパイ。 ボルシチに関してはモスクワに来てから3回作りましたが、今回が一番うまくできました。またレシピは載せますね。 シェファーズパイについては写真等省略します。初めて豚ミンチで作りましたが(確認していなかった)、失敗知らずです。

これも写真がないのですが、困った時にうちでよく出る料理「鶏胸肉のチーズカレー焼き」も出しました。 胸肉を開いて、ピザ用チーズを挟んで閉じ、両面に塩コショウを摺りこんだ上に カレー粉をふりかけ、焼くだけです。最後白ワインで蒸し焼きにするとお肉が柔らかくなって美味しいですよ。

サーモンの炊き込み御飯は旦那の自信作でした。イクラはちょっと高いので今回はなしで。しかもお釜ごと出して各自取ってもらうというズボラさ。

最後にデザートを出そうと思っていたのですが、あまりに会話が楽しく、ついつい目を離してしまっている間にオーブンで充分すぎるほど焼かれていました。 また自分用に作ったらご紹介します。

こちらはキンズマラウリというグルジア(ジョージア)ワインで、チャーチル元首相も絶賛したものだそうです。 他にも皆さんがすごく素敵なお酒をいっぱい持ってきてくれたので(写真に残していないのが悔やまれます)、いい感じにほろ酔いで大人な時間を過ごしました。

本当に楽しかったのでまたこういう会を開きたいなあ(次回はおそらくクオリティが落ちると思われますが)。

Пока!

ランキングに参加しています。よろしくお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村