モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

さらばバイカル湖

Привет!

雪が降るくらい暖かくなりましたが(-9度)、青空が見えなくて悲しいです。でもこの時期を乗り切ったら春だ!(多分)

さて、ツアー最終日はイルクーツクまでバスで帰るだけと聞いていました。ところが前日の夕食の席で「明日の朝、出発までオリホン島1日目に行ったシャーマンの聖地ツアーをしようと思います!参加したい人は200pで朝9:30に集合してください」と、ガイドでもなんでもないツアーメンバーの一人、ナージャさんが言い出したのです。私と友達は乗り気で、まだ寝ていたいという旦那を叩き起こして9:00に全ての用意を終えて朝食会場に行きました。 ちなみにこの島は野良犬が多く、塀もあってないようなものなので、食堂の前ではおこぼれに預かろうと犬がめちゃくちゃいます。全然吠えたり襲ってきたりはしないのですが、毎度犬たちに挨拶しながら退いてもらっていました(そうしないとドアが開けられなかったのです)。

準備万端で9:30ぴったりにいつも集合していた母屋のロビーに三人で行ったのですが誰もいません。5、6分待ちましたが本当に誰もこないので諦めて私たちもシャーマン崖のところを散歩することにしました。

いちいち絵になりに行く旦那。これはブルハン岬と寺院岩の真ん中です。初日に来たときは寒さと暗さであまり周りをよく見ていませんでしたが、寺院岩の周りも歩けるようになっており、広大なバイカル湖を堪能できるようになっていました。

オリホン島三日目ともなると見慣れて来てしまったのですが、肉眼でこんなに青い氷にはやっぱりモスクワでは出会えず、本当にこの場所にいたのか今でも信じられません。

2時間ほどこの白と青の世界を楽しみ、そろそろ出発時間に近づいて来たのでホテルへ帰ろうとしたところでツアーのメンバーのおじさんと遭遇。あなたも散歩ですか、それとも昨日話してたツアーに参加したのですか、と尋ねると「参加した」とのこと。「え、どこ集合だったんですか?私たちも行きたかったんですが」というと「9:30に岬集合だったんだよ。君たちは寝坊したんだろ?」と笑いながら言われました。みんなどこでその追加情報手に入れるの…。

そこからそのおじさんは奥さんと二人でクリミアから来たこと、バイカルと同じくらい素敵な場所だからぜひ来て欲しいこと、おじさんの誕生日がこの前だったことなどいろいろな話をされました。一度話しかけると色々と教えてくれたり、たくさん気にかけてくれたり、素敵な人たちばかりでツアーに参加して良かったと心から思います。

さて、バイカル湖ともこれでお別れです。バスに乗り込んで、別れを惜しみながら窓の外を眺めていると突然牛が現れました。

時々牛が道を渡るのでバスはそれを待ちます。そんな風にゆっくりと雄大なバイカル湖を眺めながらバスに揺られていると、いつのまにか眠ってしまいました。

次に気がついた時にはもうイルクーツクの市内です。あまりにも車や建物や人が多く、三日ほど山籠りでもしていたような気分になりました。ツアーのメンバーは一人ずつそれぞれの場所…ホテルや空港や駅などで降りていくので、その度に少し寂しい気分になりました。私たち3人はこれからクラスノヤルスクへ列車で向かいます。駅に着いたのは17:00過ぎ。列車は23:00過ぎです。6時間近くイルクーツクを歩き回る前に、駅の電光掲示板を見てみると…

私たちの乗る列車が載っていません。

無事に列車に乗れるのか!?

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村