読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

スキーができる公園

Привет!

気がつけばもう一月も後半に突入していて時の流れの速さに驚きを隠せません。お正月この前だったのに…。

春は待ち遠しいですが、冬が終わってしまう前に、ウィンタースポーツを制覇しておきたくなってきました。今週末に迫ったスキーの前に、モスクワ市内でもできるクロスカントリースキーに挑戦してみたくてたまりませんでした。山でのスキーは日本でもできますが、クロスカントリースキーはモスクワほど気軽にできそうではないので、今がチャンスです。

とりあえず行ったことがあるВоробьёвы горы(バラヴィヨーブィ・ゴールィ、雀が丘)でできると聞き、行ってみました。 旦那が調べてくれたネットの口コミでスキーがレンタルできるはずのところに来ると、ソリの大会が行われていました。これはゴールの写真ですが、テレビ局も来ていたり、選手の名前とタイムなどの実況中継がロシア語と英語で行われていたり、かなり大きな大会のようです。

観客の中にスキー板をつけた人を発見!「どこでスキー板を借りられるかご存知ですか」と聞くと「これは自前なんだ…」とのこと。そんな気はしていました。電車の中でもよく板を持ち運んでいる人を見ます。結局セキュリティの人にまで尋ね、内線で聞いてもらうも分からず。雀が丘は広い上にあまり案内がないので、私たちは大抵目的のものを発見できません。この日は結局諦めました。

これで火がついたのか、より確実にできるところを探し出してくれました! Соколники(ソコルニキ)公園です。 メトロ1番線(赤線)の同じ名前の駅からまっすぐ歩いて5分ほどで公園の入り口につきます。日曜日だったこともあってか、かなりの人出でした。氷の彫刻があったり、焚き火をしていたり(周りには人がかなり集まっていました)、たくさんのレストランがあったり、かなり賑やかな雰囲気です。

スキーのレンタル場所を探しながら歩いているとskiiservice の文字が。一瞬わかりませんでしたが、英語でスキーサービスと書いているようです。中に入って見るとスキーの修理サービスのようでした。「レンタルはここじゃありません」とはっきり書いてあります。みんな持っているのが普通なのか。

道なりにまっすぐ歩いていると急に足元が滑りました。びっくりして周りを見ると 突然のスケートリンクの上。おそらく夏は散歩道になっているところを凍らせてスケートリンクにしているようです。何kmあるんだろう…。まさかのベビーカーを押しながら滑っている人がいたり、アイスホッケーをしていたり自由です。

リンクにぶつかったら右へ。リンク沿いに進むと「動物園」があります(本物かしら…)が、そこを通り過ぎてもう少し進むと、ありました! ほとんど掘っ立て小屋のような大きさのスキーレンタル場です。прокат(プロカット)がレンタル、лыж(ルィジュ)がスキーという意味。覗くと、中に入れないくらい人が溢れています。さあ無事に借りてできるのか!次回に続きます。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村