読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

たぶん日本食レストラン

Привет!

こちらにきて1ヶ月と少し、あまり日本食を恋しいと思わなかったので全然作っていなかったのですが(日本にいる時は毎日醤油を味わっていました)、あまりにも「日本のレストラン」とか「スシ」とかを街中で見るので、阿波踊りを見たあと行ってみました。

Планета суши、直訳すると「スシの惑星」ですね。 …すごく怪しい感じがしますがとりあえず入ってみます。

内装。 ここはリクルートの会社でしょうか。壁のテレビでは桜の映像が延々と流れていました。ちょっと時期遅いけどなあ。

席に着くと他のところではでない「おしぼり」が出てきたので少し印象が良くなりました。 おしぼり置きにも店名が書かれていて並々ならぬ意気込みを感じます。

メニューを開くと、延々と洋食が続いています。まあ日本のレストランとしては正解な気もしますが、たぶんここに来る人が食べたいのはそれじゃない。 後ろの方に和食を見つけて、いざ注文!

とりあえず、やっぱり店名にも入ってるし寿司を。 サーモンロール。おお、珍しくちゃんとした形(ご飯が外に出ていない)です!!味は…横の赤いガリが美味しすぎて、あまり覚えていません。 これで約200pくらいだったのですが、寿司ちょっと小さいしお値段はお高めでした。

私は関西人として確認したかったお好み焼きを頼みました。 見た目は及第点をあげましょう。 食べた感想は「惜しいけど、全然違う」でした。旦那に味見してもらうと「これ韓国のチヂミじゃない?」とのこと。それが言いたかった!お肉が入っていないからでしょうか。何かが圧倒的に違いました。これも上のガリが美味しかったです。

旦那が頼んだのは どこが日本食やねん。そして明らかに一人分ではありません。ソースはジェノベーゼソース、タルタルソース、ケチャップ、チリソースと充実しています。 揚げ物はすごく美味しかったようですが、人参とラディッシュ、(実は人参の後ろにある)きゅうりに手を焼いていました。最後の方は人参だけ残ってしまい、馬になった気分を味わったそうです。

お会計をお願いすると、 実物より存在感のある寿司が来ました。 (上に密かに「ち」という文字を見つけた人には先着3名できのこの山プレゼント)

なかなか面白かったです。でもこれらとジュースで1365pなので次行くかは少し迷っています…他の日本食料理店に行ってみて面白いものを探すのもいいなあと思っているところです。

私が行ったのはПавелецкая駅(長距離列車が出ている方)に隣接しているお店でしたが、家の近くにもあったのでチェーン店のようです。鳥居と日の丸のような赤い丸が目印!話のネタにどうぞ。

そして昨日実家から日本食セットが届きました!お好み焼き粉とお好み焼きソースも入れてくれていたのでちゃんとしたものを作りたいと思います。食べたい人は要予約です。 個人的にテンションが上がったのはボーロ!!ありがとう!!!!税関用の表にはベイクドスイーツとあったので何かと思いました。 そろそろちゃんと日本食も作りたいと思います。(お餅なしのきな粉活用法をご存知の方募集しています)

Пока!

ランキングに参加しています。 よろしくお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村