モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

おうちごはん4(最後にレシピあり)

Привет!

昨日は大学時代の友人二人と電話をしました。気がついたら3時間も。 どんな運命のいたずらか、一人は日本、一人はアメリカ、一人はロシアという三ヶ国間通話になりましたが、ラウンジで話しているような感覚でした。朝昼晩という時差で話していたのが面白かったです。無料でタイムラグのないグループ通話を可能にしてくれたLINEには心から感謝しています。そして二人がロシアに興味を持ってくれて良かった。

最近お出かけの記事が続いていたので、日常編です。そして、そっけなかったタイトルから可愛いものに変更したのでご確認ください。

まずは黄身の小さい卵を大量に使って作ったオムライスから。仕上げには日々の愛情を示すために(?)ケチャップでハートを書いてみようと思います。 見事に失敗したので中に顔を書いてみました(もう1つは初めから諦めました)。旦那からは心の闇を感じると言われましたが、絵心がないだけです。

ところでこちらはケチャップの種類が多いです。(メーカーの数ではなく) 今日パッと入ったスーパーで見つけただけで、シャシリク(ロシア風BBQ、ケバブのようなものです)のケチャップ、トマトのケチャップ、もう一個パプリカが描かれているケチャップがありました。 残念ながらлечоを調べても出てこないので何かわかりません。どなたか教えてください。 大抵こういう容器に入っているので、絵を描くのが難しいです。 この日はなにも考えずにセールで安かったシャシリクのものをオムライスにかけたのですが、やっぱりちょっと合いませんでした。

こちらに来てから毎日晩ごはんに悩んでいて、レシピをインターネットで検索する日々なのですが、同じような方もおられるのではないでしょうか。 そこで今回から少しでも役立てていただければと、作ってみたレシピを載せます。 第一回目は前回載せたシェファーズパイです。 (同じ写真ですみません)

用意するもの: 耐熱容器、オーブン ミンチ肉400g(耐熱容器の大きさにもよります)、ジャガイモ4個、人参1本(小さめ)、ピーマン2個、玉ねぎ1玉(小さめ)、ケチャップ大量、塩胡椒、ピザ用チーズ、パン粉、バター、コンソメ(あれば)

①マッシュポテトを作るので、ジャガイモは皮をむいて、ひたひたの水で(あればコンソメと共に)15分ほど煮る。

②その間に耐熱容器に肉とみじん切りにした野菜たちに、塩胡椒とケチャップを大胆に加え、スプーンやお箸で混ぜる。(私はちょっと不安になるくらい調味料を入れています)

③よく混ざったら平らにしてチーズを一面に乗せる。→レンジで10分ほどチンして加熱しておく

③そうこうしているうちにジャガイモが煮えるので、充分柔らかくなったら水を捨て(ポトフなどを一緒に作っていれば茹で汁をポトフに入れると美味しいです)、少し牛乳を加えてもう一度火にかけ、水分を飛ばしながらふかし芋にする→濡らした布の上などでひたすらジャガイモを潰しマッシュポテトを作る

④さきほどの耐熱皿をレンジから出し、上にマッシュポテトを乗せ、パン粉を一面にふりかける

⑤薄く切ったバターを満遍なくパン粉の上に置く。→オーブンで180度15分ほど焼く(すでに全てに火が通っているので、焼き目をつけるくらいの気持ちで) オーブンの時間は各家庭のものによります。

⑥食べる

こんな感じです!レシピ初めて書いたのですが難しいですね… もし需要があれば続けます(コメントに書いてもらえると助かります)。

今日はこの辺で! Пока!

ランキングに参加しています。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村