モスクワ奮闘記-イギリス出張中

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

ロシアのクイズ番組

Привет!

また用事で植物園の近くに来たので、園に面したイワンチャイ(ロシアのシベリアのお茶)のカフェでお茶を飲んでいると、カフェの窓越しに園内にいる人から何やら話しかけられました。口の動きだけでその人の言いたいことを読み取れるようなロシア語力はないので(日本語でも難しい)戸惑っていたら、それを察知したのか「まあいいや」とでも言いたいようなジェスチャーをされてしまって申し訳ない気持ちで座っています。

今日は最近よく見ているクイズ番組を紹介しようと思います。THT(読み方は「てー・えぬ・てー」)というテレビ局ではコメディの時間が毎日あり、新喜劇のような寸劇の番組や、スタンドアップコメディの番組、その場で考える即興劇など毎日色々な番組が笑わせてくれます。ただやはり、これらはかなりの語学力が必要なので私はいつも一緒に考えられるクイズ番組を好んで見ています。

例えば、この「Где логика?(論理を見つけられる?)」 写真は公式ホームページより。 アズマット・ムサガリエフさんという俳優でありコメディアンである人が司会をするこの番組。毎回2人一組のゲストを呼んで、二組が早押しクイズで競い合います。クイズの内容はシルエットを見ながらどの有名人のものかを当てるもの、低クオリティのアニメをみて、それがなんの映画を表しているのかを当てるクイズ、など色々とありますが私が好きなのは「共通点は?」というコーナーです。

例えばこちら。 この三枚の写真を見て、それぞれが表しているものの共通点を見つけてみてください。

私は基本考えても分からないのですが、これに関しては司会者が1枚目の画像を「チリ」と呼んだ時に思いつきました。真ん中の写真はイギリスのエリザベス「女王」ですよね。三枚目は昆虫…というかこの場合は「甲虫」です。分かりましたか?

答えは「ロック・グループ」です。1枚目が表しているのは「レッドホット・チリ・ペッパーズ」、2枚目は「クイーン」、3枚目は「ビートルズ」です。

中には、答えが分かっても日本人からすると納得できないものもあります。ロシアの文化的な知識が必要なものです。 1枚目はロシアで一番有名な現代美術「黒の正方形」、2枚目は茄子、3枚目は「赤い旗」ですね。出演者の答えを言っても、Игра(イグラ=遊び)と聞こえて納得できなかったので先生に聞いてみました。するとしばらく考えた後「それ、イクラじゃない??ほら、黒いイクラ(キャビア)、茄子のイクラ、赤いイクラ(所謂いくらです)で意味が通じるでしょ!」…本当だ!と即座に理解できたのはロシアに住んでいるからかもしれません。 ロシアのスーパーでは野菜をペースト状にしたものが「イクラ」という名前で売られているのです。

余談ですが、1枚目の写真の絵画はロシアで一番高額なものだそうです。「黒」を表す時にあの絵を使うのか、と興味深く感じました。

この番組の司会者、アズマットさんはアストラハンというロシアの南、中央アジアに接した地方の出身だからか、顔立ちはヨーロッパというよりアジアのそれです。THTには他の番組にもよく登場されますが、ヨーロッパ系の人たちの中で彼だけはすぐに分かります。

まだまだロシアの有名人には明るくないですが、お気に入りの人を見つけるとそれだけでテレビを見るのが楽しくなるのでおススメです。リスニングの成績にも顕著に表れます。もう一つ、好きなクイズ番組があるので、また機会を見つけて紹介しますね。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村