モスクワ奮闘記-イギリス出張中

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

ロシア発雑貨屋さん

Привет!

暑くなったり寒くなったり、あまり気温が安定しないモスクワですが、新緑の美しさにおいてはこの季節が一番だと思います。お散歩に最適。

ということで、この間私がまだ行ったことのないエリアを開拓するのに友達に付き合ってもらいました。いい季節だから、と誘ったのですが生憎この日の予報は雨。仕方がないので初めて行くショッピングセンターに行き先を変更しましたが、当日はカラッと晴れていました。天気はなかなか読めません。

メトロКурская(クールスカヤ)の駅にほぼ直結しているショッピングセンター、Атриум(アトリウム)はモスクワの中心部にあるショッピングセンターの中でも大きい方で、全てのお店を見て回るだけでも一日潰れそうです。またここはUNIQLOが大きく、2、3階に渡って展開されています。 一階のカフェから見上げるとこの通り。週刊少年ジャンプとコラボしたTシャツの宣伝を店内の液晶でずっと流していましたが、実物はついに見つけられませんでした。

他にも映画館から服屋さん、靴屋さん、ゲーム屋さんなど多種多様なお店が並ぶ中、友達が連れて行ってくれたのはここ。 modiというロシアの雑貨屋さんです。

店内も白を基調としているので清潔感と落ち着きがあり、でも順番に見て行くと可愛い商品ばかりでテンションが上がります。見ていると家を一から綺麗に飾りたくなってきました。

こんな可愛い豚の観葉植物の鉢が家で待っていると思うだけで帰りたくなります。

このお店は入り口からレジまで一筆書きの通路が作られており、その通路の両側に商品が並べられている形式なので、一方通行で順に見て行くことになります。この方法が日本にもあるFlying Tigerというデンマークの雑貨屋さんを彷彿とさせるよね、と友達に言われてから商品も似ているような気がしてきました。今回、この記事を書くために公式ホームページを見てみたのですが、そこに気になる文が。「私たちはどこのコピー商品も作っていません」…わざわざ書かなくても。

いやもうこれはLINEのキャラクターにしか見えません。この写真はよく見えませんが、ひよこの口が独特なのです。

とは言っても、キッチン用品からパーティ用品、筆記用具にペットグッズまでおよそ「雑貨」と呼ばれるものは大体可愛いものが揃っているので見ているだけで楽しいです。個人的に買う一歩手前まで悩んだのはこちら。 中にティッシュを入れて、壁から足が生えているようにおいてもいいし、床に斜めにおいてもいいし、とりあえずペットを飼っているような気分になれるティッシュケースです。

また、他のお店ではなかなかお目にかかれないステキなラッピング用品も揃っているので、ちょっとした時に使えそうです。ここ以外にもモスクワ市内にいくつか店舗があるので、可愛い雑貨が欲しい時はお近くの店舗へどうぞ。

最近ではZakkaというそのままの名前の雑貨屋さんもよく見かけます。売っている商品は日本のキャラクターもののように見えて中国語や韓国語はが書いてあるものがほとんどなのですが、唯一「すみっこぐらし」のキャラクターの筆箱が売られていたのでテンションがあがりました。

どんどんおしゃれになっているモスクワ、目が離せません。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村