モスクワ奮闘記-イギリス出張中

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

レストラン「ЛавкаЛавка (ラフカラフカ)」

Привет!

最近青空が続いているので、学校から赤の広場まで40分ほどの道を歩いて帰るのがマイブームです。街角で次のイベントに向けて準備している様子や、アイスクリームを食べながら歩く強面のおじさんなど、毎日同じ道を通っていても飽きません。

日本でロシア語に触れる機会は少ないのですが、勉強したい!と思えばラジオとテレビでロシア語講座が開かれています。そのうちの一つ、テレビの「ロシアゴスキー」という番組で紹介されていたから行ってみてほしいと母に教えてもらったレストランへ、先日友達と行ってみました。 トベルスカヤ通りを二本奥に入ったところにあります。大通りに出ている標識は写真にあるようにかなり小さく、知らなければ気づかなかったかもしれません。

行く前に下調べとして、グルメ好きのロシア語の先生にこのお店を知ってるか聞いたところ「これ、クラスメイトのWさんが言ってた組織がやってるレストランよ、私は行ったことないけど」と言われました。その組織とは、農家と消費者を、スーパーなどの小売店を通さずに直接繋げるというシステムを作り上げたところです。Wさんは月に1度、個人的に契約している農家から野菜や乳製品などを送ってもらっており、時々私や先生にもおすそ分けしてくれます。スーパーには置いていないような珍しい野菜を作っているところもあるし、そもそも味が良く、Wさんはかなり満足していると言っていました。彼には小さい子供もいるのですが、お子さんを連れてモスクワ郊外のその農家を訪ねて実際作っているところも見せているらしく、聞いていると羨ましくなってきます。 そんな組織に登録している農家さんの自慢の食材を味わえるのがこのレストランです。先ほどの大通りに出ている看板を見つけ、中に入ってもこんな感じであまり目を引くような店構えではありません。ちなみにこのレストランの横にある食材屋さんで買ったレシートをレストランの方で見せると10パーセント(だったと思います)割り引いてくれるそうです。

目立たない店構えだからか店内に人はほとんどおらず(平日の昼間だということもあったので)、かなり落ち着いて食事ができました。店員さんは英語ができる人で、メニューも英語があるので敷居はそんなに高くありません。私たちのテーブルについてくれたお姉さんは愛想がとても良く、英語の発音も綺麗で好印象でした。

ここはビジネスランチがあり、サラダとスープ450p(900円)、サラダorスープとメインの二品なら590p(1180円)サラダとスープとメインの三品なら790p(1580円)でした。どれでもパンとドリンク(選べます)がついてきます。

番組ではボルシチを紹介していたような記憶があったので友人はボルシチを、私は同じビーツでもペースト状にしたサラダを注文しました。 このペーストが想像以上で、かぼちゃのような甘みとビーツ独特のコクが味わえる一品でした。横についてくるパン(ランチのセットとは違うもの)にこのペーストをつける手が止まりません。

メインは、友人がミートボールと書かれたものを注文。運ばれてきたものを見た私たちは一瞬目を疑いました。 確かに中は肉団子なのですが、餃子の皮のような、ロシア料理でいうとペリメニのような見た目をしています。下のかぼちゃソースがこの料理の味を引き立てていて、一口もらっただけでもその美味しさが分かりました。

私はロールキャベツを注文。 (この切って中を見せる撮り方は友人が提案してくれました)

やっぱりロールキャベツにはトマトソースだよね、と思いながら一口食べてみると…なんだか懐かしい味がします。もしかしてこのキャベツの上にかかっている緑の粉は抹茶!?ロールキャベツに抹茶をかけるという発想はこれまで日本人として脳裏をよぎったこともなかったので目から鱗でした。しかも、これが案外合うのです。抹茶の苦味がこんなにいいアクセントになるとは思いませんでした。興味を持った方はおためしあれ。

デザートでも食べようか、という話になり、メニューを眺めていると「Chocolate pancake cake」というのが目につきました(店員さんが持ってきてくれたのが英語メニューだったのです)。いやパンケーキなのかケーキなのか。気になったので注文してみました。 初めは「チョコレートケーキか」と思ったのですが、よくみるとブリヌイを何枚も重ねたものを半分に切って立てているのだと分かりました。そういえばブリヌイは英語でパンケーキって訳されるんだった…。ブリヌイケーキはロシアのカフェでよく見るので、これ自体は珍しいメニューではありませんが立てているのは初めて見ました。写真の状態のまま切って食べようとするとすぐ崩壊しましたが、味は美味しかったです。

少し分かりにくいところにありますが、コンセプトも面白く味は保証されているのでお近くの方は是非!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村