モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

レストラン「ザリャジエ」

Привет!

昨日まで日本から友達二人が遊びに来てくれていました。二人が来る前にどっと雪が降ったので、ツァリツィノ公園の湖の上を歩いたり、雪の赤の広場を散歩したり、ロシアっぽいことをしてもらえたのではないかと思います。

短い期間だったので食事もハズレがないように、と思い先生に「雰囲気のいい、でもそんなに高くない、ロシア料理が食べられるお店知ってる?」と聞いてみると「ボスホード(восход)」と即答いただきました。曰く、内装は「ザ・ソ連」という感じでロシア料理が楽しめる」とのこと。しかも赤の広場奥にできた新しい公園「ザリャジエ」の中という立地も最高です。

行こうと思っていた日の朝にメールが来ました。「前ボスホードが良いって言ったけど、その横にある『ザリャジエ』っていうレストランはもっと安くて美味しくて良かった!」とのこと。友達と相談してザリャジエ(公園と同じ名前なのです)のレストランに行くことにしました。

川へ張り出した橋の根元にあるこのレストラン。重いドアを開けると、食材ごとに大まかにコーナーが分かれていました。入り口付近は肉のコーナーや魚のコーナー。お洒落な店内の中にこっそり何のコーナーかは書いてあるのですが、見つけられない時も多いので店員さんに聞きながら、ペリメニコーナーを発見しました。 英語メニューもあるので安心ですが、私たちのテーブル担当のウェイターさんは英語が苦手そうでした。はじめに持って来てくれたこのコーナーのメニュー以外に、他にどのコーナーのメニューが欲しいか聞かれます。寒いロシアの料理といえばスープなので、スープコーナーのメニューもお願いしました。

先生曰く、このレストランは平日は空いているけど休日はなかなかテーブルが空かないとのこと。たしかに私たちが入店したときには他にもうひと組くらいしかお客さんがいませんでした。

まずはスープです。ボルシチとキャベツのスープ「シー」を注文しました。一人で食べるには少し多いかも知れません。はじめてボルシチを食べた友達は感動しており、最終日に「何が一番美味しかった?」という質問の答えとしていくつか挙げた中にこの時のボルシチが入っているくらいでした。

そしてペリメニ。中身は合挽肉。正統派で食べやすかったです。店員さん曰く、ここのペリメニはモスクワで一番伝統的とのこと。…この公園できたの去年だけどな。伝統的なレシピで作っているのかな。

他にブリヌイとレモネードも頼み、全部で2000p(4000円程)でした。三人で食べるにはちょうど良かったです。ベーコンが中に入ったブリヌイにもスメタナ(サワークリーム)がついてきたので、最終的に机の上に人数分以上のスメタナが置かれてなんともロシアっぽい食卓になりました。ロシアはスメタナをつけすぎていると思います。

こんなおしゃれなシャンデリアもあり、先生の言う通りいい雰囲気でロシア料理を楽しめるオススメのレストランでした。

公園自体もメディアセンターがオープンしており、お土産物が充実していたりアクティビティが増えていたり、面白くなっていますよ。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村