モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

Ламбада-маркет

Привет!

今日だけで、いつか行こうと思っていたカフェやレストランが閉店しているのを二軒も見てしまいました。いつか行こうはダメですね。思い立った時に行かねば。それにしても相変わらず店の入れ替わりは激しいです。

先週末、友達に誘ってもらって「ランバダ・マーケット」へ行きました! ランバダ・マーケットとはオンラインマガジンの名前で、さまざまなデザイナーの商品が売られています。服やアクセサリー、食器、食品、小物、石鹸など多種多様な商品を扱う9000もの個人経営店がオンライン上で出店しており、ホームページは見ているだけでも楽しいです(こちら)。また、月に一度、さまざまな都市でオンライン上ではなく実際商品に触れることができるマーケットを開催しており、今回訪れたのはまさにそこでした。

入場無料で、入った瞬間から広い会場にたくさんのお店とお客さんがひしめき合っています。

コートを預かってくれるところはありませんが、中は熱気で暑くなっており、片手にコートを持ちながら練り歩きました。もう可愛いものがいっぱい!

中でも面白かったのは「ビンにクッキーの材料が入っていて、作りたい時にそれらを混ぜ合わせて溶き卵を入れるとクッキー生地が出来上がる」というお洒落なもの。 一瓶1500円くらいしたので私は今回は見送りましたが、お洒落な瓶ばかりでお部屋に飾りたくなりました(その前に掃除しなきゃ)。中の材料も8ヶ月も保つそうです。抹茶が入っているものや、チョコチップが入っているものなど、色々な種類が楽しめるのもいいですね。宣伝には「試食してみて!」とその瓶レシピで作ったクッキーを配っていたのも画期的だなあと思いました。

次にキュンときたのはこちら! これはお店のインスタグラムですが、こんな可愛いウサギの食器がたくさんありました。洗い物のことを考えると普段使いは難しいですが、これもお部屋にあるといいなあ。ウサギが足を上げて、その上にお皿を乗せているものなど、よく思いついたな!というデザインでした。密かにクマがいるのもポイントが高いです。

食品コーナーも充実していて、野菜を使ったケーキや、ハーブを使ったチョコレート など、健康面にも気を遣った商品が多かったように思います。どこに行っても「砂糖抜き!」と謳っているのが目立ちました。またそういえばモスクワではあまり見ないピーナッツバター専門店などもありました…というところまで書いて、あとで買おうと思っていたのに忘れていたことを思い出しました。悲しい。

全てのお店がこんな調子なので、会場を回りきるのに2時間近くかかりました。そこからどれを買うか考えたりすると、気がついたら4時間も滞在しています。

会場自体もオシャレで、しかも子供連れにも優しいという、モスクワっぽいマーケットでした。会場が無料で貸してくれるベビーカーも こんな風にカート型になっています。

色々と欲しくなるものがありましたが、やはりデザイナーの作ったものであったり手作業で作っているものなので価格帯は少しお高めでした。悩んでいると、お店の名刺のような小さいカードをくれ「あとで欲しくなったらオンラインでも注文できるから」と強い客引きはされなかったので気楽に回れて良かったです。

次モスクワに来たらまた行こうと思います。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村