モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

水タバコに挑戦

Привет!

みなさんノースリーブや半袖で外を歩いているので、私もサンダルを履いてみました。家を出た瞬間、空気の冷たさに家へ引き返しそうになりましたが、遅刻しそうなので辞めました。寒いです。いえ、18度なのでそこまで寒くはないのですが、覚悟していたより寒いです。今地下鉄で前に座っている人がノースリーブにサンダルです。ロシア人すごいな。

この間、旦那の先輩方とご飯へ行きました。ウズベキスタンの一都市、サマルカンドの名を冠するこのレストランでは、もちろんプロフ(ピラフのようなもの)やシャシリク(肉だけを串に刺したバーベキュー)などを出しています。 (最後のgはキリル文字のдの筆記体なので「ド」と発音します)

グルジア料理のハチャプリやヒンカリもあり、ウズベキスタン料理…?となりましたが、お料理は美味しいし、お店の雰囲気も良かったです。何よりメトロПроспект Мира(プロスペクト・ミーラ)駅のオレンジ線出口目の前というアクセスの良さもポイントが高いです。話すのに夢中でお料理の写真を撮り忘れたので、店の外の看板を。ビジネスランチが290pからですって!今度はお昼に行こう。 時々BGMが突然大きくなり、ベリーダンスが始まります。かつてはイスラム教がメインになっていたこともあり、かなりエキゾチックな雰囲気のお店でした。先日ウズベキスタンを訪れたという先輩から彼の地の魅力をこれでもかというほど聞いたので、今年中に絶対行きたいです。物価も安いそう。

先輩が「頼んだカリャンが来ない」とそわそわし始めました。カレーでも頼んだのだろうか、と思っていたら、来たのはこれ! 少し画像が暗くてみにくいですが、水タバコです。チャイハナのような中東アジア系のお店でよくお客さんが楽しんでいるのをみては挑戦してみたいと思っていました。

水タバコはロシア語でкальян(カリャン)といいます。今回は私自身が注文したわけではないので値段はわかりませんが、水タバコを置いているレストランにはウェイターさんとは別に水タバコ専門の店員さんがいるそうです。彼が60cmもあるような水タバコを持って来て、上についている小さなお皿に木炭のようなものを入れてくれます。そしてホースの先をくわえて試し吸いをしてから、自分のマウスピースを外して注文した先輩に渡していました。この時、マウスピースが人数分きたので私も試させてもらうことに! マウスピースのみ。

ちなみに私は一度もタバコを吸ったことがないので比較はできませんが、戸惑いながらもボコボコという音がするまで吸ってみると、ほのかに甘い香りがしました。むせることもなくゆっくり息を吐くと、煙が出てきました。不快感は全くありませんでした。

今回私はビールを飲んでいませんでしたが、先輩の話によるとアルコールは比較的早く回るようになるようです。紙タバコと違ってゆっくり吸うので身体的影響が少ないとも多いとも言われていますが 、1、2度経験する分には面白いのではないかと思います。中毒性のようなものは感じませんでした。 時々(20分に一回くらい)専門の店員さんが炭を替えにきてくれます。その度にホースから試し吸いしているのか息を吐いているのかわかりませんが、調節していました。

ロシアには水タバコの器具を売っているお店は少なくなく、日本よりは普及している気がします。機会があったらまた挑戦してみたいです。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村