モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

ペテルゴフ(スタンド編)

Привет!

やっと気温も20度近くなってきて長袖シャツだけで出かけられるようになってきました!何度になったら半袖を着れるのか忘れてしまったのですが、30度くらいからでしたっけ…?

さて、今日中にペテルゴフから帰りたいので、書いていこうと思います。残念なことに、この日はいろんな電子機器の充電が保つか心配だったので、今回の記事は写真少なめでお送りします。ご了承ください。

前回の記事に出てきた噴水を見て回っているとお腹もすいてきます。そんな時でも大丈夫!モスクワの公園もそうですが、もちろんペテルゴフの下の公園でも至る所に食事を提供している屋台があり、道の両端にはベンチが並んでいます。不思議な魚介類が食べられるレストランへの案内を横目に見つつ、せっかくなので屋台のハンバーガーを食べることにしました。 右手前にあるのがまだ空いていない屋台です。近づいていくと店員さんに「英語は話せますか?」と英語で聞かれました。「ロシア語も大丈夫ですよ」と旦那がロシア語で答えると「良かった!ご注文は何にしますか?ハンバーガー?どのタイプにします?ほとんどのお客さんには英語で接客するので、ロシア語が話せて嬉しいです」と言われました。勉強していて良かった!と思ったのも束の間、こちらが理解できると思ったからか「それ(私たちが注文したもの)もいいですが、ベーコンがとっても美味しいのでこっちのタイプがオススメですよ!ソースはこの味がいいですね」と本当に嬉しそうに言うので、思わずオススメの方を注文してしまいました。そちらの方が少し高かったので上手くやられた感もありましたが、笑顔に免じて気にしないことにします。そしてやっぱりベーコンが本当に美味しかったです。ハンバーガーを受け取るときに「Thank you!おっと、ロシア語で良いんでしたよね、Спасибо(スパシーバ:ありがとう)」と言われたのも微笑ましかったです。

お土産の屋台もたくさん出会いますが、それと同時に多かったのがアイスクリーム屋さん!昨日の「いたずらの噴水(道)」を抜けると広場に出るのですが、広場の3辺にアイスクリーム屋さんが出ていました。味は多分同じなのですが、時間帯と屋台が向いている方向には気をつけなければなりません。中の1つは直射日光が当たる方向にアイスクリームが向いていたので、溶けてドロドロになっていました。コーンを用意して、ほぼ液体になったアイスクリームを入れているのを見てしまった私たちはそっとその屋台を離れました。

やはり我慢できず、他の屋台でアイスクリームを購入しましたが、そこは珍しくたくさんのトッピングが用意されています!テンションが上がった旦那がどんどん追加していった結果、なかなかの値段になっていました。さっきのハンバーガーの方がちょっと安かったよ…。母と私はイチゴとシャンパン味のアイスです。シャンパンに惹かれて購入しましたが、当たりでした!美味しかったです。

急に中学生くらいの子たちに声をかけられて記念撮影をしたり、開放感あふれるバスに乗って公園の奥、アレクサンドリア公園へのエクスカーションに参加したり (狩用の公園だったようです)

満喫して帰路につきました。忘れかけていましたが、帰りの切符をちゃんと買わなければなりません。往復切符が買えなかった話をして「そんなん知らん」と言われたらどうしようかと震えながらチケット売り場で行きのレシートを見せると、一言も話す間も無く帰りのチケットが割引されて3枚出てきました。良かった!

船乗り場ゲート付近にあるお手洗いはかなり混んでいたので、諦めてゲートをくぐりました。その瞬間出てしまう船。次の船は30分後です。それならさっきのお手洗いに並んでも良いか、と旦那を桟橋において母と戻ろうとすると、ゲートのおじさんに「ダメ」と言われました。焦った私は片言のロシア語になってしまい「向こう 行きたい、トイレ必要なんです」みたいなことを口走っていましたが、向こうの主張は変わりません。次の船が来たら、中にトイレがあるから、とたしなめられて桟橋へ戻りました。 そんなに急いではいなかったのですが、桟橋へ戻って冷静になると先ほど口走ったことが恥ずかしくなって来ます。ゲートのおじさんが見ているかもしれないので、10分後に船が来たら一番に乗り込みました。

また30分かけてエルミタージュの裏へ帰ってきました。楽しかった!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村