モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

びっくりしたもの③

Привет!

太陽光が燦々と降り注ぎ、気温も12度と暖かく、絶好のお散歩日和なのですが、家で必死に掃除をしています。別に最近寒かったために年末と勘違いしているわけではありません。明日、母がモスクワに来てくれるのです。楽しみすぎて今日眠れるかわかりません。そもそも最近サボっていた掃除が終わらなくて眠れないかもしれません。ピンチ。

近頃ずっと書いていた二ジニー・ノブゴロド編が終わったので、気持ちをモスクワに戻したいと思います。とは言っても本当に日常のことから。最近では5月に雪が降るくらいのことがないと驚かなくなりましたが、やはりここは日本とは違います。1週間に一回くらいギョッとすることがあります。

学校からの帰り道、メトロの長いエスカレーターでぼーっとしていたところ、どこからか視線を感じます。周りを見回しても誰も私のことなんて見ていません。自意識過剰になっちゃったなあ…と視線を下に移すと 手すりのところに誰かいました。目がハートになっているのも、下になんと書いてあるのかもとても気になります。分かった方はご一報ください。

そういえば、二ジニー・ノブゴロドから帰る直前、列車に乗る前に食料を調達しに行った百貨店で一応お手洗いに行くことにしました。ЦУМというこの百貨店はモスクワにもある有名な高級百貨店です。こちらの店内はモスクワより乱雑でしたし、なぜか大蛇をショーケースで展示していましたが(多分生きていました)、名前だけはロシアに住んでいる人なら誰でも知っているような百貨店です。なので油断していました。お手洗いで用事を済ませ、手を洗おうとすると 一瞬何が起こっているのか理解できませんでした。もう1つの洗面台で手を洗い、さっと写真に収めてお手洗いを後にしました。その瞬間携帯の電源が切れてしまったので、ちょっとしたホラーを感じます。

メトロの改札の前に、お店が出ている駅があります。パン屋だったり化粧品屋さんだったり、多種多様なお店があるのですが、ある時部屋着屋さんの前を通りました。すると、ロシア人のおばさんが店の前でシャツを広げて吟味しています。見るともなしにそちらの方へ目をやると、なんとそのTシャツのど真ん中に「ドラえもん」の顔がバーンと乗っていました。こっち来てお店で初めてドラえもんを見た気がします。おばさんがそれを買ったかどうかまで見届けたかったのですが、急いでいたので分かりませんでした。買ってて欲しいな。

こんな風に日本のキャラクターを見ることは時々あるのですが、ある女性用下着屋さんで見かけたのはこちらのキャラクター。 キティちゃんだけならいいんですが、なんで上下にカタカナを書いた!?後ろにあった部屋着や下着にも、同じマークが付いていました。日本人からしたらあれを買うのはなかなか勇気がいります。ロシア人からするとカタカナやひらがなは日本独自なので、興味深いようです。

今日のところはここまで! Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村