モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

クレムリンの城壁博物館

Привет!

「春眠暁を覚えず」とはよく言ったもので最近眠いです。もう初夏じゃないか?というツッコミは受け付けていません。モスクワは今春真っ盛りなのです。それを証明しようと今iPhoneの天気予報を見て驚きました。まさか、来週の月曜日と火曜日についているマークは雪ですか…まだ降るんですか…!?

昨日の続きです@二ジニー・ノブゴロド。展望台のようになっている丘の上から川の方へ下って行くと、城壁に囲まれているのがよくわかります。そして、その赤煉瓦の壁に唐突に穴があり、見ているとそこに人が吸い込まれて行きます。 横に書かれているのはクレムリン全体の地図です。少し怖かったのですが、お兄さん達も入って出てこないから大丈夫だろうと入ってみました。少しひんやりとしています。

お土産ものを売っている屋台が1つだけありました。中にいるおばさんに「どこへ行くの!?」と声をかけられます。曰く「この辺りの城壁をちょっと歩いて博物館見るなら一人150p、城壁をぐるっと回りたいなら250p」とのこと。夕方近かったので一周はきついだろう…と一人150pで入らせてもらいました。その売店の脇の階段で城壁の上へ登るのですが… めっちゃ急!半分くらいよじ登っていました。少し調子に乗ってスカートで来たのを激しく後悔したので、これから行く場合はズボンをお勧めします。

ようやく上にたどり着くと、ずっとこんな景色! 中世ヨーロッパに迷い込んだような不思議な感覚に陥りました。テンションが上がった二人でいろんな写真を撮り、なかなか前に進みません。すれ違う人たちはかなりかっちりとしたハイキングの装いでした。

丘を下りて怪しげな入り口から入ったはずが、あの急な階段で丘の中腹くらいに来ていたらしく、また下りの階段があります。 階段が急すぎて隙間から見える城壁。

ファイナルファンタジーの世界だとドラゴンがここから襲って来そうだとか、ここで鬼ごっこをしたら怪我をしそうだとか、しょうもないことを話していたら突然の行き止まりに。横を見るとまた何かの入り口があり、おばさんがにこやかにこちらを見ていました。ここが博物館よ!チケットはある?良かった、じゃあこっちからこう回ってみていってね、と一気に説明され、あまり広くない博物館の中を見て回りました。 かつてここで発掘作業があったらしく、博物館の展示はこの発掘して出土したものでした。

いつものように発掘体験コーナーがあったので(よくあります)、ついていた刷毛で砂を除けていくと、出て来たのは刷毛でした。哲学を感じます。そしてまた階段を下って(騙し絵の中にいる気分になって来ました)下のフロアに行くと、そこには発掘現場そのまま残した展示が。 なかなか迫力がありました。

この博物館を出ると、クレムリンの一番下にいました。すぐ目の前にはヴォルガ川が広がります。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村