モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

サンクトペテルブルクのテロ

昨日(4/3)、サンクトペテルブルクの地下鉄で爆発が起きました。死者が14人だという発表もあり、テロだと認定されたそうです。

事件のあったサンクトペテルブルクからは700kmも離れているモスクワにいることもあり、普段通りに(他に足がないので)地下鉄に乗りましたが、人々の表情はいつもと変わらず無表情でした。地下鉄入り口にいつもより多く警察がいたり、警察犬が一緒にいたりするくらいです。

事件があった時間には日本人とロシア人数名で一緒にいたのですが、友達の日本の家族から心配するメールが入ったことでその場にいる全員が事件を知りました。私と日本人の友人は、いくら離れている場所でも同じ国で起こったことに動揺していましたが、他の人たちは「仕方がないし、気をつけようもない」という感じでした。

いつも授業で使うので、朝メトロで配っている新聞はもらうようにしています。今朝の一面はもちろん、 この話でした。いつもは緑色で書かれている新聞名も黒で書かれており、追悼の気持ちを示しているようです。いつもは色々な記事が載っていますが、今日はほとんどテロの話でした。

昨日の夜からニュースを見ていると初めに容疑者として名前と写真(監視カメラの映像)が出たのが、どう見てもイスラム教の人でした。彼は自ら出頭し、自分は無関係だと主張したようです。そして今朝、結局犯人としてわかったのは22歳の青年で、自爆テロだったということでした。写真を見ても本当によくいる青年で、不審な感じはしません。大きなリュックサックを背負っているくらいです。

こんな風に紹介するつもりではありませんでしたが、サンクトペテルブルクでは地下鉄に一度だけ乗りました。ホテルが駅から少し遠く、駅まで歩くんだったらエルミタージュまで歩いた方が早いと判断したからです。

モスクワより10pほど安い1回券は、チケットではなく こんな金貨です。これをレジで買って、目の前の改札に入れてゲートを開ける形式なのですが、あまりにも綺麗なので持って帰りたくなりました。街中はバスやトランバイが発達していること、観光のみであれば観光地が固まっていることもあり、モスクワより地下鉄が必須というわけではありません。それでも市民の足である公共交通機関が狙われたのは本当に悲しいことです。

少しでもこんなことが減りますように。

Пока.

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村