モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

ホテル「アレクサンダーハウス」

Привет!

昨日積もった白い雪が、黒く汚れないうちに溶けてきました。その結果家から駅まで10分弱の道が川のようになっています。時々顔を覗かせているアスファルトを一瞬で見極め、飛び移りながら前に進みました。近い将来忍者にでもなれるのではないかと期待しています。

今日はサンクトペテルブルクで泊まったホテルです。 名前はアレクサンダーハウス。友人、私と旦那という3人だったので寝室が二つあるホテルを探し、一番初めに出てきたところに即決してしまいました。上の写真は二つの寝室をつなぐリビング部分です。チェックインを済ませ、部屋のドアを開けて真っ先に目に飛び込んできたこの光景に私と友人はテンションが上がってしまいました。ちなみにそれぞれの部屋に世界の町の名前が付いています。私たちの部屋は「バルセロナ」でした。

各寝室もこんな感じ。 「屋根裏部屋」に子供の頃から憧れていた私にとっては理想的な部屋でした。もちろんリビングにもテレビがありますが、寝室にもテレビがあります。見る機会はありませんでしたが。リビングにはコーヒーメーカーやキッチンもあり、毎晩3人で宴会をしていました。徒歩五分のところにモスクワでもお世話になっている庶民派スーパー「ペチョーラシュカ」があったことも大きかったです。

ここのもう一つの目玉は、朝食です。 何と言っても種類が豊富なのです。 バイキング形式で、サラダからケーキまであります。そして、朝食会場に着いたら「暖かい食べ物は何がいいですか?卵焼き、スクランブルエッグ、ブリヌィ、カーシャ(お粥)などがあります」と聞きにきてくれます。また量の多いこと!ブリヌィを頼んだ人用にかわかりませんが、バイキングの中にサーモンが用意されています。朝から食べ過ぎました。 パンやケーキコーナー。ロシアの伝統的な湯沸かし器、サモワールがあります。

実はこのホテルの唯一の難点は、メトロの駅から少し遠いことです。歩くと20分以上かかります。バス停までは5分ほどなのでバスに乗ればいいのですが、悪路なので、かなり酔います。メトロに行くのが面倒だったので、ホテルからエルミタージュまで歩けるのか調べたところ、40分弱で着くことがわかりました。朝ごはんを食べすぎていたこともあり、良い腹ごなしだと毎回歩いていました。ヨーロッパ風の街並みを楽しめますし、有名なイサク聖堂の真横を通るので、観光もできて一石二鳥です。 曇っているからか怪しい雰囲気ですね。今回は時間がなく、イサク聖堂の中には入りませんでした。上は展望台になっているそうです。40分弱の道のりもみんなで話していたらあっという間でした。

ホテルの従業員の皆さんもかなり感じがよく、廊下で出会うと声をかけてくれたり、フロントにお願い事をした時もすぐに対応してくれたりと気持ちよく過ごせました。また5月にサンクトペテルブルクに行くので、リピートしようと思い3月中旬(帰ってきてすぐ)に予約しようとしたら満室でした。歩くのが嫌ではない人にはオススメです!ご予約はお早めに。

ホームページはこちら。 モスクワ駅からはタクシーがオススメです。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村