読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

北朝鮮料理

Привет!

この記事で書いた、同じマンションの一階に住む親切なおばさんにまたもやばったり会いました。私は友達との約束があったので早めに家を出たら、彼女はマンションに帰って来るところでした。ロシア人のおばさんはみんなどこか雰囲気が似ているので正直私はお顔を覚えていなかったのですが、うちのマンションに(おそらく)唯一の日本人である私の顔はバッチリ覚えられていたようです。目が合うなり「あなた、うちにロシア語を習いにくるって言ったじゃない!どうしたの?覚えてた??」とすごい勢いで話しかけてきました。連絡先も知らない人のお家に突然押しかけてもいいものなのでしょうか。これほど言われるのだったら失礼にはならないのかな。でもやっぱり勇気が出ません…同じマンションなのでどんな雰囲気のお家なのかは大体わかるのですが。

そんなこんなで遅刻しそうになりながら友人(モスクワのブログ仲間、ザキさんりえさんです)と向かった先はなんと「北朝鮮料理」のレストランです!名前はкорё(コリョ)。世界広しといえども、おそらく北朝鮮料理が食べられるのはかなり少ないに違いありません。

以前私がケータイをなくした(盗まれた?)ガガーリン広場のショッピングセンターを超えた先にある、駐車場を通り抜けて向かいます。入り口はこんな感じ。 牛に乗った人がロゴマーク。12:00-23:00が営業時間だそうです。とりあえず重いドアを押し開け、地下へと続く階段をひたすら降りていきます。階段の踊り場はクリスマスツリーがあったり、モールで窓のような飾り付けがされていたりしました。前日にクリスマスツリーを片付けた私はちょっとした優越感を抱きました(器が小さい)。 12:00の開店を待つようにすぐお店に入ると誰もいません。とっていいのかわからなかったので写真はありませんが、店員さんは全員女性でポニーテール、タイトなスカートです。おそらく本国の人であろう、綺麗な人ばかりでした。壁際に設置されたテレビでは軍服を着た男性がひな壇でコーラスする前で、ナース服のような衣装の女性グループが一糸乱れず歌い踊っている映像がひたすら流れていました。会場は紅白歌合戦のようなところなのですが観客は全く動かずみているようでした。この前であんなにクオリティの高いパフォーマンスをするとは…。

頼んでいた料理が来ました。 チヂミです。スンドゥブやピビンバなどもあり、基本的に韓国料理と変わらない印象を受けました。韓国料理ということは、当然ですが辛いものが多いのです。連れて行ってくれた2人はキムチ炒飯やスンドゥブを辛くて美味しいと食べていましたが、インドカレー屋さんで本当に涙が止まらなくなったこともある私が選んだのは 普通のチャーハン。全く辛くなく、とても美味しかったです。北朝鮮の味というより、どちらかというと中国の味でした。

チヂミと共に、3人で冷麺もシェアしました。スープに浸かった麺の上に、真っ赤なキムチが乗っています。醤油と酢ともう一つ何か調味料(説明されたけどわからなかった)を持って来て「食べ方はわかりますか?」と聞かれました。いいえ、と答えると麺をすくい出し、直接調味料をかけ、鮮やかな手つきでキムチと絡めてくれました。スープが真っ赤に染まります。 灰色のものが麺です。

200mlは100pなのに、1リットルは300pという、私より算数が苦手なのではないかと疑ってしまう値段設定のモルス(赤いベリージュース)も頼んだので、テーブル上は私の炒飯以外真っ赤でした。

店内には民族衣装も飾ってありました。ハンガーにかかっているものもあったので、お願いすれば着せてもらえるのかもしれません。今度やってみようかな。 お店を出る頃にはロシア人のお客さんが何人かいました。知る人ぞ知る、という感じなのかもしれません。

珍しくお手拭きも出てくるし、何より日本ではお目にかかれない、北朝鮮の雰囲気が味わえるお店です。お勧め!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村