読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

アットホームなホテル

Привет!

最近は暖かくて、-10度を下回る日が少なくなってきました。モスクワ川もしっかり凍っておらず、少し楽しみにしていた砕氷クルーズはあまりダイナミックには楽しめなさそうなので行けていません。

しかし、やはりスキー場からホテルへの帰り道は寒かったです。標高がモスクワより高いこともあるでしょうが、見渡す限り人の影が見えないことも大きな原因かと思われます。周りに人がいるかいないかで安心感がこんなにも違ってくるものなのか、と驚きました。実は滑っている途中から吹雪いてきたこともあり「なんで日本から遠く離れてこんなところにいるのだろう…」という思いが少し脳裏をよぎりました。

そうしてついたホテル。もともとのチェックイン時間だった16:00にスキー場から電話をして「19:00くらいにチェックインすることになりそうです」と伝えると「え、予約入っていませんよ。今日満室なのにどうしようかしら…あ、ちょっと待って、あったわ」と言われました。驚かさないでください。そんなやりとりがあったので怖々チェックインしたのですが、スムーズにできました。 お部屋はこんな感じ。 猟師の小屋みたいです。こじんまりとしていて、かなり過ごしやすいお部屋でした。シャワーの水圧が弱いとか歯ブラシがないとかありましたが、気にならないくらいアットホームな暖かい雰囲気の場所でした。500pで夕食も食べられるようです。16:30-18:30までは無料のバーニャ(サウナ)もあります!私たちがついた時はすでに19:00を過ぎていたので利用はしませんでしたが、ビリヤード台を発見して使わせてもらうことに。 横がバーニャへの入り口なので、奥にフェルト帽が見えますね。ビリヤードは1時間200p(400円)で使えます。一昨日からよく登場している管理人のエレーナさんに声をかけると「食堂の紅茶やお菓子も取っていいからねー」と言ってもらいました。クッキーやビスコッティなどをいただきながらするビリヤードは楽しかったです。4敗しましたが。

次の日、朝ごはんは9時から11時だったのでゆっくり起きて食堂へ向かいました。昨日から思っていたのですが、この宿は内装がとてつもなく可愛いのです。 食堂のカウンターがこんな感じ。 ここに、チーズやハム、パン、ヨーグルト、もちろんカーシャなどが並べられていて好きなだけ取る形式でした。そして紅茶のコーナーに置かれているジャム。ロシア人は紅茶の中に入れる人もいますが、大抵は一緒に食べるのだそうです。

短い間ですがお世話になった宿に別れを告げて、スキー2日目へ向かいます。ちなみにここは朝ごはん付きで一部屋4000p(8000円)でした。紅茶やお水もエントランスに置いてあるし、内装が可愛いし、大満足です。 部屋の壁はこんな感じでした。素敵。満室になるのもわかる気がします。

2日目は余裕です。勝手知ったる顔で迷うことなくレンタルコーナーへ向かい「証明書はないので保証金を払います」と告げ、カウンターで「スキーを二台(旦那もスキーに乗り換えました)」と言うと…係のお兄さんが「なんだって?」と笑いながら聞いてきました。突然自信がなくなる私。「いや、あの、…スキーを…」「ハロー」どうやら発音が悪く、英語なら通じるだろうと思われた上での「ハロー」だったようです。悔しい。そこから英語で説明してくれたのですが、素直になれず「理解できます」とロシア語で言うと「ごめんごめん」とまた笑われました。

それでも、昨日より圧倒的にスムーズです!2日目楽しむぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村