読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

スキーへの道のり

Привет!

平日ではありますが、スキーをしに行ってきました。前からしたかったのですが、車を持っていない私たちの行動範囲は限られていたので行けそうなところを旦那に探してもらっていたのです。

今回訪れたのはここ モスクワから北に100kmほど行ったところにあるドミトロフという町の外れにあるスキー場<Сорочаны(ソロチャニー?)>です。

前もって行き方を調べました。モスクワの北の端までメトロで行って、そこから1時間ちょっとバスに乗って、バスを乗り換えて20分ほどまた行ったところにあるそうです。うん、行けそう。私の反応を見た旦那は「ただし」と続けます。「ただし、二つ目に乗るバスは1日に二本しかない。朝の5:55と昼の13:40だけやねん」…まあ、朝のはありえないから、昼かな。それを逃したらモスクワに帰れば良いか(よくない)。ということで、勢いでホテルを取ってしまったので決死の覚悟でモスクワをでました。

モスクワの北の端とは、メトロ灰色線のАлтуфьево(アルトゥフィエボ)駅です。ここから401番バスに乗ります。 ソ連の景色が色濃く残るバス乗り場付近。普通の市営バスとは違い、長距離バスのような内装でした。もちろん(モスクワ市内の地下鉄やバスなどに使える)トロイカは使えませんでしたが、1人130p(260円ほど)でした。1時間半近くバスに揺られて終点、ドミトロフでおります。

ここは近郊列車の駅前バス停になっているので、バスが何台も停まっていました。次に乗る42番バスが出るところを探します。 ありました。右上の看板に42という番号があったので一安心。私たちは1日に実質一本しかバスがないことに怯えて1時間ちょっと前についてしまったので、ここの前にあるカフェでお昼を食べます。ちなみに上の写真で右下に少し写っているのは鳩ですが、この3倍近くの数がフレームアウトしています。みんなが餌を撒くので集まってくる鳩に怯えながらカフェに入りました。

無事バスに乗れ(1人80p)、着いた先がこちら。 私たちをおろして去っていく42番バス。まあ覚悟の上でしたが、本当に何もないですね。スキー場となる山も見えません。とりあえず明るいうちにホテルへ向かいます。

ひたすらダーチャが並ぶ道をグーグルマップに沿って歩いていると、ホテルが見えてきました!

人もいっぱいホテルの前で遊んでいます。ですが、私たちの予約したホテルと名前が違いました。でも周りを見渡してもダーチャしか…いや、ありました。

ホテル、というよりペンションのような<куршале(クルシャーレ)>です。 こんな目の前に大きなホテルがあって大丈夫なのでしょうか。いや、人の心配をしている場合ではありません。チェックインより少し早いですが、扉を開けてみます。

…誰もいません。受付らしきところに「管理人のエレーナは二階の3号室にいます。電話番号は◯◯◯…」という張り紙があるだけでした。とりあえずスキー場へ行ってみることにします。

道はわかっていたのですが、近道そうな横道を見つけて曲がってみました。10分くらい進んでわかったことは、そこは袋小路だったということだけです。一回ホテルに戻って、あの張り紙の情報を試してみようということになりました。一気にRPGゲームの主人公になった気分です。

ホテルに戻って来ましたが、部屋へ行ってみても、電話をかけても、誰も出ません。受付にいた猫と見つめ合いながら 途方に暮れていると、掃除道具を持った女性が降りて来ました!どうやら管理人のエレーナさんです。

「今日泊まるお客さん?チェックインは16:00からよ。え、荷物を置きたい?ああ、それなら受付カウンターの裏に置いておいて」と快く(?)迎え入れて暮れました。めっちゃ自由やな。

いよいよスキー場へ向かいます!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村