読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

スキーウェア

Привет!

カザンから帰ってきた後の二週間ほどは本当に自堕落な生活になってしまっていましたが(9時前にならないと日が登らないモスクワのせいにしています)、それでも友人から素敵なプレゼントが届いたり、大学時代の友人と電話して鼓舞されたり、旦那が突然同僚を連れてきて宴会になったりと毎日楽しく過ごしています。

その中でも今年は少なくとも3回ほど日本の友人や家族がモスクワに来てくれることになっているので、連絡を取り合って準備に追われています。幸せな忙しさ。その前に旦那と二人でスキーがしたい、できれば泊まりで!となって、急遽来週行くことになりました。

私は小さい頃からスキーに連れて行って貰っていたので、モスクワに来て滑らない手はないと思っていました。来週なので準備しなきゃ、と思って気づいたこと。ロシアにスキーウェア持って来てない…!来たのが夏だったので、そんな考えは全く思いつきませんでした。たいていのスキー場ではウエアの貸し出しはしているのですが、我々の行くところはホームページのどこをみても案内が出ていないのです。と言うことは、買いに行かねばなりません。モスクワのスポーツ用品といえば、私たちの御用達はСпорт Мастер (発音はスポルトマステル、そのままスポーツマスターという意味です)。 公式ホームページの写真です。ここには子ども用品が50%割引と書いてありますが、たまたまテレビで「冬物最大50%割引き!」というCMを見て行ってみました。

こちらで着ているコートがすでにスキーウェアとあまり変わらないものなので、ズボンだけ探します。コートが黒なので、ちょっとでも合うのがいいな…と思いつつも、うちの近くのスポーツマスターはあまり品揃えが良くないので諦めかけたその時です。もっと大きな問題に気づいてしまいました。…サイズあるのかな?

色は見ずに一番小さいサイズを出してもらい、とりあえず上からあわせてみます。なんだか足の部分を合わせると、足を入れるところが肩下まで来ます。とりあえず試着してみました。足が出て来ません。なるほどロシア人は足が長いのですね。親身になって接客してくれた店員さんに別れを告げ、横のショッピングモールをぶらぶらしていると、LUHTAなる店を発見。「フィンランド・ファッション」と小さく書いてあります。 一見たかそうな店構えだったので、警戒しながら店員さんに相談すると割引後のスポーツマスターとあまり変わらない値段で売っているではありませんか!しかもさすがフィンランドと言うべきか、おしゃれです(スポーツマスターでは蛍光ピンクか真っ黒、真っ青のどれかでした)。先ほどの経緯を話し、一番小さいサイズを出してもらいます。

試着すると少し丈が長いくらいで、スキー靴を履けば気にならない程度です。私は即決でした。フィンランド人とは気が合いそうです。ついでなので旦那のスキーズボンも購入し、無事に揃いました。

これで無事にいけそうです! あ、ゴーグルも買わなきゃ…LUHTAにはなかったからスポーツマスターかなあ…。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村