読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

交通機関

Привет!

先日、旦那の先輩・同期との忘年会に参加させてもらったのですが、私だけその前に用事があったので旦那とは別で行くことに。トロリーバスなら1本で行けることが分かったので、バス停で一人待っていました。 このアプリに行き先を入れると、道順はもちろんのこと、何番バスに何分乗るか、ということや途中の停車駅の名前までわかります。 остановка というのがバス停という意味です。 アプリによると、8分間隔で来る14番に乗れとのこと。でも26番、14番が両方止まるバス停では14番は21分間隔と書いてあります。とりあえず待ってみることにしました(-10度くらいの中)。26番は来ました。もともと8分だとは期待していなかったので、20分近く待つと…また26番バスが来ました。そろそろ足の感覚がなくなってきたので運転手さんに聞いてみようと近づきました。 トロリーバスはこんな感じで道の真ん中を走っています(電線の関係上)。なので車に気をつけて車道の真ん中まで行こうとすると、道中に響き渡るような音量で「これは14番バスです!メトロ◯◯駅まで行きます!」と放送が流れました。とはいうものの、バスの至る所に26番と書いてあります。 バスを降りてから証拠のために撮った写真です。 運転手さんにマップの画面を見せながら「ここに行きたいんですが」というと「このバスだから乗って」と言われて初めて安心できました。他の人も大混乱だったと思います…いや、案外よくあることなのかな。あ、忘年会はとっても楽しかったです!やっぱり日本語で色々と話したり聞いたりすると落ち着きます。 Я пошла на вечеринку с коллегой мужа. Это было очень весело. Мне было нужно села на троллейбус номер 14, но он написал помер 26! Это часто возникнут??

そういえば、この記事で大変苦労したタクシーですが、もう一度使ってみたときにもちゃんと来なかったので、アプリを乗り換えました。 またヤンデックス(Яндекс)です。 こちらは前のように手を挙げてタクシーを呼んでくれなくてあまり面白さはありませんが、ちゃんと来ない方が問題なのでこの際気にしません。ちゃんと運転手さんの名前、車の色、ナンバーまでしっかり表示してくれるので安心できます。今のところ、近づいたら電話をくれるのでびっくりしますが、会えなかったことがありません。 そもそも、こんな便利なアプリがあるだけで感謝です。便利な時代になったなあと思います。

地下鉄の駅で通路にこんなスペースを見つけました。誰が座るんだろう…。 Кто будет сидеть!?

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村