モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

IWC winter bazaar

Привет!

昨日はお友達に誘ってもらい、IWC(international women's club)が開催するバザールに行ってまいりました! メトロはキエフスカヤ駅から出てすぐの、ラディソンホテルで開催されました。ホテル前にはクリスマスツリーが飾ってあり、否応無しにテンションが上がります。 チャリティーのためなので、入場料300pを支払うと手首に巻くパスがもらえます。コートをクロークに預けて、いざ出陣!

会場内では総勢56か国のブースがあり、その国の特産品などを売っていました。そして溢れかえる人、人、人。 とりあえず会場内をぐるっと回ります。化粧品からお酒から、お菓子、スカーフ、クリスマスリース、アクセサリー、カバン、食器までなんでもござれです。オーストリアのブースでスワロフスキー製のマイメロディが4700p(8000円ほど)で売っていたのは驚きました。出世したね!!

もちろん日本のブースもありました。かなり大きいブースだったのですが、とても人気で何を扱っていたのかは見えませんでした。私たちは「まあ日本に帰ったら買えるしね…」ということで、なかなか行けない国のブースへ。 ペルーのブースにいた巨大アルパカくん。大人気でした。ちなみにペルーでアルパカは食べられます。美味しいですよ、というと大抵ちょっと引かれます。

レバノンのブースでいただいた試食のお菓子が美味しかったので、これください!というと「これは売ってないんだ…ごめんよ」というお返事。なんで置いていたの!違うお菓子もわざわざ開けてもらって試食をくれたので、そちらを購入。 しかもお釣りがなかったらしく、200pの所を100pで売ってくれました。 ベルギーのブースではこれでもか!とお酒が並んでいたり、アフリカ系のブースでは明るい色のスカーフを売っていたり、見ているだけで楽しかったです。

オランダのビールを練り歩きながら売っていたおじさん。500mlが100p(170円)で安くて美味しかったです。写真を撮っていい?と聞くと、もちろん!!と笑顔で写ってくれました。

フードコートへ行ってみます。フードコートとは言っても、部屋の中にこれでもか!と色々な国のブースが並び、テーブルは部屋の外の廊下に並べてあるだけでした。ただ、このブースのラインナップのすごいこと!日本はなかったのですが、イタリアはむしろフードコートにしかブースがありませんでした。ここで旦那が欲しがっていたオリーブオイルがあるか聞くと「唐辛子入りのしかないわ…欲しかったら今度イタリア大使館に来て!売ってるから」とまさかの提案が。大使館ってそんな感じで行くものなのでしょうか。 エジプトの米とマカロニと豆を一緒に炒めて、上から玉ねぎソースをかけた料理と、コートジボワールの米に鶏肉、野菜を乗せた料理をお昼ご飯にいただきました。ここでも写真を撮っていいか聞くと「一緒に移ろうよ!こっち(ブースのお店側)においで」と陽気に誘われました。コートジボワールっぽい。 どちらもめちゃくちゃ美味しかったです。韓国ブースのキムチが安くて美味しいと聞いていたのですが、残念ながら売り切れでした。お友達が飲んでいたスロバキアのクラフトビールがとても飲みやすく、おいしかったです。チェコはホットワインを売っていたので、帰るまえに飲んで体を温めました(飲んでばかり)。

フードコートの横には講堂のような、客席付きのステージもあります。休憩がてら、ここで色々な国のパフォーマンスを楽しみました。 やはり東南アジア系のエキゾチックな踊りは大変人気でした。南米系の情熱的な踊りも個人的には大好きです。バルト三国あたりの伝統的な楽器と歌も素敵で、世界一周をしている気分になりました。

16:00までのバザールだったので、15:00すぎに出ると多くのお店でディスカウントが始まっていました!ポーランドは「全部50pだよ!!」と宣伝していたので大盛況です。もともとは結構たかそうなシャンプーを50pで購入しました。

今回の戦利品。 奥から、シャンプー、イタリアでかったパスタ(一箱50p)、ハンガリーの肉用調味料、そしてネパールの鶏肉パイ。

色々な国を旅している気分になれるし、たくさんの人と交流できるし、とても素敵なバザールでした。とっても楽しかったです!誘ってくれたお友達、本当にありがとう!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村