読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

美味しいシーフード屋さん

Привет!

昨日はちょっと遅れた旦那のお誕生日と、結婚して半年のお祝いでレストランに行ってきました!旦那はシーフードが好きなのですが、実は海に面していないモスクワではなかなか新鮮で美味しい海産物には出会えません。いつもお世話になっているりすりすさんの記事(http://risurisu.blog.jp/archives/51814835.html)を見て、すぐさま予約してもらいました!

場所はベラルースカヤ駅のビジネス街側です。駅からまっすぐ5分ほど進むとすぐ見えます! モスクワなのに「ボストン」です(ちなみに道を挟んだ向かいには「丸亀製麺」でした)。一歩入るとお客さんがいっぱいで、活気にあふれていました。ファストフードやカフェでなければ、大抵クロークが入ってすぐにあり、まずコートを預けるよう言われます。 店内おしゃれ!!カウンターもテーブルもありますし、大きな窓からはしんしんと降る雪が見え、とてもロマンチックでした。 英語メニューを渡されましたが、ロシア語メニューと対応させながら店員さんが注文をとっていたので少し申し訳なくなりつつも、いざ注文。看板メニューはもちろん頼みましたが、メニューに「Tuna Tataki(マグロのたたき)」と「Tempura Shrimp(海老の天ぷら)」を発見したので思わず頼んでしまいました。日本語が見えた瞬間注文してしまうのは、そういう性なのでしょうか。

まず来たのはマグロのたたき。 下の茶色はお皿の模様ではなく、ゴマとマスタードのソースです。旦那と「味噌かな!?たたきにつけるって新しい!!」と興奮していましたが、ゴママスタードソースもなかなか新しいですね。これで590p(800円ほど)でした。ちなみにロシア語でも「たたき」と発音していたので、このメニューが浸透したら面白いな。

そして折角なので「ロシアスタイルの紅鮭」 サーモンのマリネだけ食べると「可もなく不可もなく」という味なのですが、横についている黒パンと一緒に食べると、香ばしさが口いっぱいに広がり、ずっとその味を楽しんでいたくなります。ロシアスタイルって黒パンのことか…!これはこの地ならではなので、かなりオススメです。490p(700円ほど)也。

ここでメインがきました! その名も「エビ on ice」!他にも頼んでいたのでとりあえず一人前にしましたが、24匹もきました。食べても食べても終わらないエビ地獄。それでも一緒についてきた少しピリ辛のタルタルソースが飽きさせません。一人前で990p (1500円ほど)でした。2-3人前、3-4人前も選べます。隣のテーブルの人が3人前を頼んでいましたが、荘厳な眺めでした。

クラムチャウダーは横にクラッカーがついてきました。スープ自体も濃厚で、安心する味です。サイズもカップ、大皿、お鍋の三種類から選べます。大人数で行ったら楽しそうです!私たちは大皿を頼んで、取り分ける用のお皿も持ってきてもらうのでちょうどよかったです。

ここで、満を持して天ぷらがきました! 来た瞬間「これはエビフライや!!」と二人で突っ込みましたが、日本語が通じないのが悔やまれます。人生で初めてシェフを呼びそうになりました。これまで食べたエビフライの中では最高ランクで美味しい物でしたが、食べたかったのはこれじゃない。大笑いできたので今回は見逃しますが。ソースもスイートチリソースとライムのソースだそうです。なんだそれ。これは790p(1300円ほど)。なんだかんだ言って量は多かったです。

ここまでエビを食べ尽くしたのは初めてですが、いい記念日になりました。何より旦那がすごく嬉しそうでよかったです。 お店を出るとビジネス街なので、本当にアメリカにいるようでした。 こんな景色で、本当にアメリカにいるようでした。シーフードが食べたくなったら是非!

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村