読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

映画が観たい

Привет!

今日は遠方まで来ているのですが、最近見えなかった青空が!見えます!それだけで気分が上がりますね。 どこに何をしに行く途中かはまた記事にしますが、とりあえず遭難しないか心配です。

今日は映画のお話をします。 映画が好きなのにこちらであまりみていなかった私はそろそろ禁断症状が出そうだったので、こちらでブルーレイを買ってみました。 絵でわかってしまいそうですが、直訳すると「動物の都市」、いわゆるズートピアです。 前にも書いたように、CDやDVDの専門店はないので家の近くの家電量販店へ。入り口で警備員のおばちゃんに「何をお探しですか?」と聞かれ「映画のDVDはありますか」と聞くと、わからなかったようで奥のお兄さんを呼んで聞いてくれます。お兄さんは私の顔を見るなり「英語わからん!」と逃げようとしましたが、他の店員さんが(ロシア語で!)助けてくれたおかげで見つけられました。ブルーレイしかないけど…と申し訳なさそうにしていましたが、日本から持って来たパソコンでDVDが見られるか分からなかったので(ブルーレイは大丈夫です)、結果オーライです。警備員のおばちゃんが他のお客さんに声をかけて、言われたものがどこにあるか分からない、と答えている場面を横目にお店を出ました。

このブルーレイで690p(1000円ほど)です。廉価版でもないので破格!英語とロシア語の音声と字幕がついています。これで勉強しようかな!

私がセリフもほとんど覚えている一番好きな映画であれば、聞くだけでロシア語の勉強になるのではないかと思っていたところ、テレビですることが発覚!! CMの様子。映画の一場面に天気予報風のお姉さんとテロップを出して、土曜日にすることを宣伝する新しいスタイルのCMでした。「ロード・オブ・ザ・リングス」は三部作で一つのお話なのですが、なぜか第二部と三部だけ放送するそうです。なんでやねん。19:00からテレビの前に待機していると、本当になんの予告もなく第二部「二つの塔」の冒頭から始まりました。これ第一部は前にやったのかなあ…。 タイトルが画面に映し出されると、ロシア語で音声が入りました。字幕は意地でも出さない主義なようです。そうなると、この映画で困るのはエルフ語という独自の言語で話す場面があります。日本版では、吹き替えでもその場面だけ下に日本語字幕がつきます。 ロシア版は…やはり上からロシア語で音声をかぶせています(後ろに元のエルフ語がかすかに聞こえます)。しかも、全部同じ男性の声でした。ロマンチックなシーンもです。男女どちらのエルフ語も同じ男性の声でロシア語で音が入るので、世界に入りきれないことこの上ありません。

19:00からおそらく25:00以降まで放送していたので、全部は見られませんでした。DVDをこちらで勉強用に探そうと思います!

Пока! ランキングに参加しています。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村