読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

リデン&デンツ

Привет!

今日は通っている語学学校について書こうと思います。様々な情報からモスクワに住んでいる方なら気づかれているかもしれませんが、私はLiden & Denzというところに通っています。 英語しかありませんが、一応ホームページはこちらです。→http://lidenz.ru/

個人授業と、集団授業の二種類から選べます。私自身は個人授業を受けたことがないので、今から書くことは全て集団授業に関してだとおもってください。 ブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、私はここにして良かったな、とおもっています。理由をいくつかあげますね。

①毎日授業がある

これは人によるかと思いますが、私のように仕事をしていない場合は平日かなり暇なので、毎日することがあると精神的に助かります。また、毎朝決まった時間に家を出ることで規則正しい生活が送れるようになりました。何より、毎日ロシア語を詰め込むので、授業に通っているだけでかなり覚えられます。日本を出るときは「これは〜です」しか言えなかった私が、友人についての作文ができるようになりました(現在十週間目です)。

②水、コーヒー、紅茶が飲み放題

砂糖と牛乳も置いてあります。休み時間のたびに私は紅茶をいれに行っています。自動販売機にパンやナッツ、チョコレートなども売っています。この前こんな可愛いものを買いました。 50分授業→10分休憩というのが10時から14時まで4回繰り返されるだけなので昼休みがないのですが、この自動販売機のおかげでなんとか生き延びています。

③ほとんどが欧米人

私は周りがヨーロッパ人ばかりだったおかげで、自分の世界観がかなり広がったと思います。でもこれは諸刃の剣で、ヨーロッパの人の方がロシア語に近い言葉を普段話しているので、単語もみんな知っていて私だけ知らない、なんてこともよくあります。なので、クラスによってはついて行けなくなることもあるようです。私の場合はラッキーで、入りたてがあんまりやる気のないN君と二人のクラスだったので取り残されることはありませんでしたし、クラスが変わってからは欧米から3人と日本人3人のクラスだったので日本人に理解があり(しかもいい人ばかりでした)、他の二人の日本人が帰国してしまう頃には他のクラスメイトとかなり仲良くなっていたので、今の欧米人6人の中でもなんとかやって行けています。ちなみに全くロシア語を知らない状態でも通い始めることは出来ますが、授業が始まる日は決められています。(11月は7日だそうです)

値段についてですが(p×1.6で円になります)、月曜-金曜の10-14時が二週間なら20100p、四週間で33600p、六週間で43200p、九週間で59400pです。長ければ長いほど割引されるようです。延長も出来ます。個人授業は1時間1800pで、20時間から申し込みができるようです。授業頻度に関しては申し込み時に相談できます。また、モスクワ校に関しては受付に日本語ができるお姉さんがいます(大学で勉強したそうです)!毎朝「おはようございます」と挨拶している自分がなんだか面白いです。

この学校はベラルースカヤ駅のエスカレーターで上る方の出口から歩いて7、8分ほどです。マンションの一階部分に入っています。

また、「モスクワナビ」というフリーペーパーを見ていると、日本語が話せる先生によるロシア語の学校もあるようです。ロシア語に悩んでいる方は検討して見てくださいね。

まだこちらに来て三ヶ月も経っていない、モスクワに関しては素人ですが、何か質問があればコメントからどうぞ。基本的に他にも知りたい方がいるかもしれないのでコメント上で返信しますが、メールアドレスと返信が欲しい旨も書いていただけると、コメントではなくそちらに返信いたします(アドレスは私にしか見えないようになっています)。

Пока!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村