読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

地上を走る地下鉄

Привет!

今日帰ったら暖房がついているか旦那と賭けをしています(ついていたら10pもらえる予定です)。いつも気温の話から入ってすみません。実はそろそろ慣れてきました。

毎日同じ線に持っているのに、メトロにはいろんな車両があるようです。ラッピング車両も多めです。 映画がモスクワで公開されてから(?)100周年のラッピング車両。こういうのは外側も派手でびっくりしますが、外側は前2車両くらいで、あとは普通だったりします。 モスクワの日の前は、モスクワに対する市民の思いのようなものが沢山書いてありました。 一生懸命読むのもいい勉強になります。

普段は日本の電車より少しレトロかなーという程度なのですが、 なんかランプといい、シートといい、すごくレトロな車両に乗り込んでしまいました。タイムスリップした気分で嬉しくなってシートに腰掛けると、バネの上に皮を貼っただけの感触でした。正直痛かったです。

ところで今年はモスクワのメトロ85周年だそうで、9/10にできたばかりの一番大きい環状線に乗ってきました! これの薄い赤の丸です(写真はメトロに貼ってある地図)。 Московское Центральное Кольцо、略してMЦКと呼ばれる線で、現存のメトロとの接続もよく、接続している駅では「МЦКこっち!!!!!!」と言わんばかりに案内が多かったような印象でした。

できた日から1ヶ月間は無料なので、行くあてもないのに駅まで来てしまいました。 ぼーっと駅に貼ってある行き先を眺めていると、「ガガーリン広場」という駅を発見したのでそこまで行くことに(本当に行き当たりばったり)。 ホームは地上です!メトロなのに!電光掲示板まであるし、日本を思い出しました。日本のようにホームは向かいに位置しておらず、かなりずれています。 電車が来ました。 かっこいい! 一番初めに自転車を持った人がどんどん降りてきたので面食らいました。いよいよ乗り込みます。

初めの印象は「静か!穏やか!会話ができる!」でした。 座席はいつものメトロのようではなく、新幹線に近いタイプです。不思議なのは、車両の真ん中を軸にして、向かい合う形になっています。 真ん中から撮った車両の中。 私の後ろの座席は、全部こちらを向いている形です。 初めの写真と比べてもらうと分かりますが、車両の雰囲気が全く違います。ロシアっぽさが少し薄れた気がして寂しい気分にも一瞬なりましたが、すぐに快適さが上回りました。

ちなみに着いたガガーリン広場にはガガーリンぽさがあまりなかったのですが、 左手に見えるどこかの戦隊ロボットのような像が彼でしょうか。右手にある科学アカデミーに今度行ってみたいと思っているので、その時に確かめたいです。

Пока!

今日も読んでくださってありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村