モスクワ奮闘記

2016年7月末にモスクワに引っ越してきました。

やっと料理満喫

Привет!

昨日の続きです。まだモスクワの日を感じていません。

クレムリンを横目に過ぎてボリショイ・カーメンヌィ橋を渡ると、なにやら公園があります。 もうそろそろウェディングドレスを見飽きてきました。この公園では視界に2組のカップルをとらえら瞬間もありました。お友達によると、日、月曜は役所が閉まるので土曜日に結婚するカップルが多いのだとか。

こんな南京錠をつける木が15本以上立っていました。 こういうのがある公園だからか、なにかやっています!!! 鍵穴ですね。奥まで進んでみます。

…たくさんの子供達が筋トレしている広場と、スケートボードコートが最終地点でした。 イベント感はあります。でもモスクワの日にやっているというコンサートはどこだ。

そろそろお腹がすいてきたので、ロシア人が大好きなアイスクリームを食べることにしました。街の至る所でアイスクリームを売っています。どれだけ寒い日でもです。アイスクリーム屋さんのパラソルに「ура!!!!мороженое!」(万歳!!!アイスクリームだ!)という文字まで書いてあるところもよく見ます。そんなに??

レモンアイスを買ってみました。 ここまで漫画のように綺麗に落としたことが初めてで思わず写真を撮ってしまいましたが、撮っている場合ではありません。一縷の望みをかけて「落としちゃった…」とお店の人に言いに行ったら、もう1つ渡してくれた後、きっちり代金を請求されました。悔しかったので落とした方はコーンだけしっかり食べました。

そろそろお友達との待ち合わせ時間も近くなってきたので、一番近かったトレチャコフ駅へと向かいます。前行ったトレチャコフ美術館のある駅です。 駅前広場で、 コンサートやってる!!民族衣装で!! 思い描いていたモスクワの日を一瞬だけ感じて、お散歩は終了しました。

お友達に夕食を誘ってもらったので(本当にありがとう!)、赤いボルシチを食べたことのない私のためにボルシチが美味しいというお店へ。 駅から20分弱歩いてつきました! 中に入っても案内してもらえません。合ってるよね?と周りを見回したら「土日は14:00から18:00まで」という文字が。このランチにもディナーにもダメな時間設定はなんなんでしょう。

「雨女」という言葉がありますが、私は「お店がやっていない女」です。この前のチョコレート博物館もそうですし、京都の二条城へ行ったときは「休城日」でした。 今回もかなり責任を感じつつ、優しいお友達ともう1つ先の駅まで歩いてお店を探します。 結局お友達が知っていたお店へ。 入った瞬間工事してるし、奥では結婚式もしてるしどう見ても「入ったらだめな感じ」がしましたが、案内されたのはテラスでした。 とてもいい雰囲気です。

そして!!!ボルシチが赤いです! これが本場の味…。私が前作ったのは少し薄かった気がします。もう少しビーツ入れよう。 ちなみにボルシチはウクライナ料理です!

グルジア(ジョージア)料理の、ハチャプリ。 種類がたくさんありましたが、グルジア風味のものをお願いしました。 ピザみたいですが、中にチーズが入っていて、ピザよりもちもちです。卵が入っているバージョンもあるようです。

そしてケチャップのところにも登場したシャシリク。 奥がポークで、手前は羊肉です。 これにソースをかけていただきます。ケチャップよりもう少しコクがあるソースでした。というか美味しい!!!シャシリクパウダーがスーパーにあるので、今度挑戦しようと思います。

飲み物は初挑戦のタルフン。 エストラゴンとも呼ばれるハーブの一種のジュースです(炭酸水で割ってありますが)。 お友達に「草の飲み物だよ」と言われていたので覚悟して飲んだのですが、思ったよりきつい草の味はせず、歩きまわって少し熱くなっていた私にはぴったりでした。ただ、お店によって味が違うそうです。

初めてのものばかり頂いて、楽しいお話もして、心もお腹も満足でした。ちなみに夜の花火も見えなかったので、モスクワの日とは何か少し疑問ではありますが、来年リベンジしようと思います。

Пока!

ランキングに参加しています。 よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村